最近では男性でもファッションに対する意識が高いせいか、薄毛に対する関心が高くなっているといえます。
大々的な宣伝も増え、飲み薬を医療機関で処方してもらったり、塗り薬は店頭で購入することも出来るようになりました。



M字ハゲ、若ハゲなどと呼ばれることもありますが、若年男性の薄毛の事を医学的には男性型脱毛症、英語の略記でAGAと呼びます。

このAGAの仕組みやそれに対する治療法が確立されつつあり、完全とまでは言えないまでも、人によっては十分な効果が期待できるようになりました。
AGAの進行において重要な物質の1つが男性ホルモンですが、男性ホルモンが多いとAGAが進行しやすい、というわけではありません。



男性ホルモンが5αレダクターゼという還元酵素の働きを受け、ジヒドロテストステロンという物質に変化することで、これが毛乳頭内の毛母細胞の働きを弱めるために脱毛が進行するとされています。
この5αレダクターゼには種類があり、頭皮内での分布の仕方は人によって異なるため、薄毛の進行の仕方は個人差が大きいのです。



頭皮を清潔にし、発毛を促しやすい環境づくりをするスカルプケアのみならず、5αレダクターゼをいかに抑制するかがAGAの予防、治療に重要であるといえます。最も手軽なものは食事やサプリメントでの亜鉛補給です。

亜鉛には5αレダクターゼの働きを抑える効果があるとされ、滋養強壮効果が期待できます。

栄養バランスのとれた食事をベースにサプリメントで追加できると良いでしょう。
また医学的に効果の認められた飲み薬も市場に出ていますが、医療機関を受診する必要がありますし、症状によっては使用できない、効果が期待できないこともあるので注意が必要です。