加齢によって髪の毛が細くなったり、抜け毛によって薄毛になる人がいます。

日本人でも1000万人以上が薄毛で悩んでいると言われているとおり、薄毛は深刻な悩みになります。



この原因としては、偏った栄養不足である食生活や、過度な飲酒や喫煙、運動不足などが主な原因と解明されています。まず、最近の日本は食の欧米化が進み、油っぽいものや、魚よりも肉中心の生活が進んでいます。

これにより、頭皮からの皮脂が過剰に分泌されることで、毛穴が詰まり、髪に栄養が行き渡らなくなります。
また、洗髪する時に頭皮に詰まった皮脂汚れを必至に落とそうと、洗浄力の強いシャンプー等を使用すると、本来髪に必要な皮脂までも奪ってしまうために、余計に皮脂の分泌が促進され、悪循環に陥ります。

また、指の腹で優しく洗髪することが基本ですが、爪で力を入れて洗うことで、頭皮を傷つけてしまうこともあります。



髪は優しく指で洗い、特別なシャンプーを使用する必要はありません。また、毎日ビール1缶程度の飲酒は、体温を上げ血流を促すために、頭皮の血行も良くなり、髪には良い影響ですが、飲み過ぎにより、体調を悪くしたり、体を壊すと髪には悪影響になります。同様に、たばこは血管を収縮す働きがあるために、1日数本は大丈夫ですが、過度な吸い過ぎは髪の栄養不足になります。血行も悪くなります。



また、適度に運動をすることで、頭皮の発汗作用を促し血行が良くなるので、適度な運動は大事です。