パナソニックのパワーコンディショナーの設置場所

太陽光発電を導入するにあたっては、さまざまな設備を一式として用意する必要があります。

パナソニックのパワーコンディショナーをあなたに紹介致します。

たとえば、一般の家庭の場合であれば、屋根に太陽電池モジュールを取り付けます。
これが太陽光を受けて発電を行う設備です。
この太陽電池モジュールからの電力をまとめる役割を果たす接続モジュール、昇圧モジュールも必要です。


そのあとでパワーコンディショナーといって、発電した直流の電力を、交流の電力に変換して、家庭のコンセントからも使えるようにします。
このパワーコンディショナーについては、太陽光発電をする上では必須の設備のため、メーカー各社からも各種の製品が生み出されています。
パナソニックもこの分野に参入し、異なる型番のパワーコンディショナーが存在していますが、パナソニックの場合には、種類によって、さまざまな場所に設置できることも魅力のひとつです。



一般的にはパワーコンディショナーは屋外に設置されますが、パナソニック製品のなかには、オプションとしてカバーを取り付けることによって、海に至近の、塩害がある地域でさえも設置することが可能です。

通常は製品の劣化が懸念されるため、このような場所での太陽光発電は難しいものですが。
パナソニックならば問題はありません。また、家庭用のパワーコンディショナーのなかには、屋内の、たとえば洗面所の壁面などに設置できる小型のタイプもあります。設置が簡単で劣化についても心配がないのがメリットです。