パナソニックのパワーコンディショナーと蓄電

太陽光発電システムのなかには、さまざまな設備が組み込まれていますが、パワーコンディショナーもそのひとつにあたります。

パナソニックも製造しているパワーコンディショナーは、太陽電池モジュールで発電した直流の電力を交流に変えるための装置ですが、製品ごとに仕様や特色も異なっています。

パナソニックのパワーコンディショナーで快適な暮らしを実現しましょう。

太陽光発電は、自然のエネルギーによって電力を生み出す仕組みですが、天候によって発電量が大きく変動するほか、一日のなかでも発電に適した日中と、朝方や夕方のように、日照が少なく発電には適さない時間帯とでは、やはり違いがあるといえます。このような不安定さを克服して、太陽光発電の効率を上げるためには、太陽光発電システムに蓄電システムをプラスして、相互補完をすることが求められます。



家庭用のリチウムイオン電池蓄電システムがあれば、電力会社から供給を受けた深夜電力を蓄電システムに蓄えておき、家庭内ではもっぱらこの安価な電力を利用することが可能です。



日中に太陽光発電で得られた電力は売電して収益を確保し、電気代を大幅に節約することもでき、曇りや雨など太陽光発電ができなければ、家庭内でも蓄電システムの電力を利用します。
パナソニックのパワーコンディショナーのなかには、この蓄電システムを後付けでも接続可能なものがあります。通常は後付けの場合、既設のパワーコンディショナーを撤去した上で、あらためてシステムを組み直しますが、パナソニックならその手間が省けるので低コストです。