パワーコンディショナーは開発歴史の長いパナソニック

太陽光発電でパワーコンディショナーを用いて、直流の電力を交流に変換しないと家庭で使おうと思っても使えません。
売電する場合には、電力会社の配電網と直結するわけですからパワーコンディショナーは、優れた製品を選ぶ必要があります。

なかでも1975年の研究開発の開始から40年以上の品質向上で業界を牽引してきたパナソニックのパワーコンディショナーは、品質のいいことで選ばれることが多いです。

パナソニックのパワーコンディショナーについて分かりやすくまとめてあります。

パナソニックが選ばれるのは理由があります。


ハーフタイプと台形タイプを組み合わせて、寄棟屋根の搭載することができるので無駄なく並べて発電量をアップすることができます。



ハーフタイプを用いることで積載スペースが12%アップすることができます。



無駄なく効率よく発電量をアップできます。
パナソニックは、世界に先駆けてアモルファスシリコンを太陽電池に取り入れたことで発電効率。変電効率に優れたパワーコンディショナーを開発しています。


他のメーカーに比べて、より多くの光を取り込み電気を発生させ、直流を交流への変換能力が優れているので、よりたくさんの電力を使用したり、売電することが可能になります。日射量が変化しても効率よく太陽電池のパワーを引き出すことができます。

長年、太陽光に取り組んできた伝統のメーカーですから品質には、信頼がおけます。
ウォータードレインコーナーを採用しているので汚れが溜まりにくいのも、屋外で風雪にさらされることが多い太陽光の設備としては優れています。